ロボット教室ってなに?

ブロックとモーターを使っていろんな形や動きのロボットを作ります。

ロボット作りの工夫や試行錯誤を通して驚きや感動に出会い、成長していく新しい学びです。 ロボット教室は子どもたちに驚きと感動を提供します。 「ロボットを作る」そこには、ワクワクする期待感があります。 好奇心の芽を、育て、花開かせていくために、毎回自分の手でロボット作りにチャレンジ。 このチャレンジを通して、作りあげていく喜びを感じ、予想とは違う動き方に驚き、 組み立てるための工夫を発見するでしょう。自ら手を動かし、夢中になって頭をはたらかせる。 その繰り返しが、理科や科学に対する興味をふくらませながら、様々なチカラを伸ばしていきます。 組み立てるロボットは、すべてオリジナル。子どもたちが楽しみながら取り組めるように、 デザインや動き方などに工夫を凝らしたロボットが次々と登場します。

ロボットクリエイターであり、東京大学先端科学技術研究センター
特任准教授の高橋智隆先生が、ロボット教室の作例を開発!

高橋先生のプロフィール 2003年 京都大学工学部物理工学科卒業と同時に、
京都大学学内入居ベンチャー第1号となるロボ・ガレージを創業。
ロボットクリエイターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、
製作を手掛けている。ロボット 「週刊Robi(ロビ)」、「VisiON(ヴィジョン)」、
「Gabby(ギャビィ)」、「EVOLTA(エボルタ)」など作品多数。
2013年 世界初の対話できる宇宙飛行士ロボット、「KIROBO(キロボ)」と
「MIRATA(ミラタ)」をトヨタ自動車、電通と共同開発。

高橋先生と世界初の対話する宇宙飛行士ロボット「キロボ」(電通・トヨタと共同開発)

ロボットの基本製作をする1回目と、
レベルアップを目指して改造や工夫を試みる応用実践の2回目。
作ったロボットでの競争や、アイディアの交換など、お友達との交流が楽しめます。

基本制作(90分)
テキストを見て、試行錯誤をしながら ロボットを作り上げます。 完成したときの感動や動いたときの驚きが、 子どもたちのサイエンスへの興味を引き出します。

応用実践(90分)
【目標】1回目に作ったロボットの仕組みを理解し、改造する。 ロボットの動きを生み出す構造を、テキストを通じて学びます。 もっと速く走らせるには?もっと違う動きをさせるには?など、 工夫を重ねながら自由にロボットを改造します。

プライマリーコース
(6ヶ月)

ベーシックコース
(18ヶ月)

ミドルコース
(18ヶ月)

アドバンスコース
(12ヶ月)

※プライマリーコース/ベーシックコースから入会の場合は、
各コースの受講前にスタートアップ講座の受講が必要となります。

※アドバンスコースは最低12か月以上

PAGE TOP ▲